アルファード ドア

本日ご紹介は埼玉県、所沢市よりアルファードのデントリペアのご依頼です。下の画像を見て大したことない凹みだね~なんて思ったあなた!これが簡単にはいかないタイプの凹みなんですね。(笑)わかりづらいですが、右フロントドアに10センチオーバーのグワーンとしたデント!

↓折線や深いシャープな凹みももちろん簡単ではありませんが。こういったグワーンとした凹みはただ押しただけでは絶対にうまくいかない難しさが隠れているのです。。歪みが広範囲に渡り、それらのストレスを取り除くことで全体が整っていきます。デントリペアでは押し上げること以上に叩く技術が仕上がりを決めると言っても過言ではありません!《キッパリ‼︎ (^^)》今回の凹みもほとんどの時間をポンチング(叩き作業)にさき、押し上げた時間なんてほんの数分です。お客さまには感動して喜んで頂けました!

奥が深いデントリペアの世界。気になるエクボ凹みを見つけたらお気軽にご相談下さい。

DRN/デントリペアナガサキ(東京都あきる野市)
HPはこちらDRN
スポンサーサイト
category
デントリペア
Relation Entry

Comment

Trackback

http://drn2.blog98.fc2.com/tb.php/1044-7846f1f6